WEB投資とアパート経営のメリット比較

WEB投資(不動産)とは?

 2000年代初頭に流行したアパート経営に対して、現代ではWEB不動産が波に乗っています。不動産と言えど、当然ながらコンテンツはインターネットのコンテンツです。個人やら企業が所有・運営するウェブサイトやサービスを買い取って利益を狙うビジネスであり、サイト売買、サイトM&A、ウェブ投資とも呼ばれます。

稼いでるサイトを買い取る

 ドメイン転売スカウトマンの項目で挙げた通り、サイトやドメインの品質を高めるには、相応の時間が必要となります。それは詰まり、ネットで利益を得る苦労を物語っていると同義であり、時間や労力が要される以上は、やはり楽してお金は稼げないのです。

 とは言え、不可能な話では在りません。利益の獲得に時間と労力が必要なのは間違いなく、一から稼ぐのは大変です。ならば、既に利益を上げているサイトを、そのまま買い取ってしてしまえば良い……という考えも有り、それこそがWEB不動産なのです。

 例えば、広告収入で月に十万円の利益を上げるサイトがあるとします。

 そのサイトを百万円で買った場合を考えてみてください。経費は一先ず置いて、もし本当に十万円の利益が継続するのなら、一年と経たず元が取れてしまいます。

元金が取れてしまえば、もう後は黒字の連続です。買い取ったサイトによっては、全く手を付けなくても、自動的にサイトがお金を生んでくれるでしょう。

 私が有するサイトは、ログインしたユーザーが勝手に記事を書いてくれる為に、こちらから更新しなくても、アクセスが右肩上がりをしてくれています。

 アパート経営では、15%の利回りでも好物件として扱われます。

 それに対してウェブ不動産は、利回りが100%を超える場合も多いです。

 ならば、アパートを買うより、ウェブサイトを買収した方が圧倒的にお得ではないかと思います。私も、投資をするならアパートやマンションより、サイトを買い取りたいと考えます。

 しかし、WEB不動産の方が絶対に稼ぎやすいと一概に言える訳では無いので、ここでWEB不動産に関するメリット・デメリットについて触れていきましょう。

◇WEB不動産のメリット

①圧倒的な利回り

 先程も述べた通り、コンテンツによっては条件が極めて有利な場合も有ります。

②高い自由性

 アパートとは違い、買い取ったサイトを好きなようにカスタマイズが出来ます。自らの経営術やコンテンツを使い、そのサイトを更に伸ばすことも自由です。

③小額から始められる

 アパートでは、どんなに安い物件も結構な投資になると思います。WEB不動産では、一千万円を超えるコンテンツは少ないです。

④稼げるサイトの仕組みが丸わかり

 実際に稼いでいるサイトを手にするのですから、学べるものが多いと思います。自分でサイトを作る際に、非常に有用なお手本となるでしょう。

⑤時間の節約

 最初にも述べたように、ネットで利益を得るには相応の時間が必要になります。既に利益を出せるサイトを購入すれば、それらの労力を省くことに繋がります。

⑥節税

 やたらソフト〇ンクが企業を買収する理由に、税金回避という意思があります。WEB投資も同じく、税金を膨らませない目的としてサイトを買収するという芸当が可能です。

◇WEB不動産のデメリット

①高いリスクの可能性

 不動産と謳う以上は、当然ながらリスクが付き物です。WEB不動産では、もしものリスクがより高いと言われています。アパート経営だと、もしも失敗しても土地や建物が残ると思います。

 しかしWEB不動産は、最悪の場合は何も残らないこともあるのです。

②トラブルへの対処が難しい

 メリットの項目にて「稼げるサイトの仕組みが丸わかり」と言いました。

 しかし、もしサイトの仕組みの理解が叶わない場合は、トラブルに対して何も対処が出来ません。専門家を雇えば、結構な出費となります。仕組みが分からなければ、当然ながら自由性も失われるでしょう。

③税金面でのトラブル

 これは非常に稀有な例になります。

 サイトを買収した際は、確定申告が面倒になる可能性が有ります。買収したサイトの種類によって、勘定科目が変わるのだから複雑です。

 未だ日本ではWEB不動産のビジネスが浸透しておらず、もし計上を間違たら修正や調査の面倒に巻き込まれるかもしれません。

 通常のサイトを買収した場合は「広告宣伝費」

 なにかしらサービスを纏めて買収した場合は「通信費」「ソフトウェア」等。

 税理士の助けや相応の勉強が無ければ、個人の確定申告は難しいと思います。

 そうそうに問題となることは無いと思いますけれど、参考までに私は一度だけ個人間におけるウェブサイトの取引で税務調査が来たことがあります。

 以上になります。

 やっぱり、それぞれのビジネスに個性があり、どれが最良か優劣を着けるのは難しく、当然ながらサイト買収も一筋縄では行きません。しっかりと知識を身に着けてから吟味することをオススメします。

サイト購入にあたり気を付けるべきこと

 さて実際に購入する場合は、どのような手順を踏めば良いのか見てみましょう。サイトを買収する手段は、大きく分けて二つ存在します。

 言わずもがな、アパート経営と同様に「個人」「業者」の二通りです。

 大金が絡むビジネスなので、よく知らない個人と取引するのは止めた方が良いでしょう。掲示板等で調べると「このサイトを売ります」と言った話が転がっているけど、中には先払いをしてもらった後に、そのまま金を持って逃げるような詐欺師も居ると思います。多少の仲介料は仕方ないとして、メジャーな仲介業を利用しましょう。

 サイト売買と調べれば、多くの業者がヒットすると思います。口コミやレビュー、利用した感想ブログを、最初に読んでおくと良いでしょう。大手なら問題は無いと思いますが、中には参考になる意見もあると思います。

まとめ

 ・サイト売買が流行している

 ・不動産に比べて利回り・自由性が高い

 ・節税にも有利

 ・その反面、リスクが大きい

 ・詐欺に遭わないよう信頼できる仲介業者を使用する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする