現代の治験モニターについて

治験モニターとは?

 治験モニターは、古くから存在する副業の一つです。

 開発中の商品を先取りしながら、更に報酬まで貰えるというお得な仕事です。治験モニターは高額アルバイトという印象であり、実際にモニターの案件一つで何十万円と稼げる場合もあります。

 しかし、その怪しい雰囲気から、良い印象を抱く方は少ないかもしれません。薬の副作用により倒れてしまう、と言った展開もフィクションでは有り勝ちです。

 治験モニターの実際は如何なのか……概要を纏めていきます。

 なお、治験のモニターについて「アルバイト」と表記するのは不適切だという声が多くあり、開発機関等は「有償ボランティア」と言いう表現を用いています。本項でも、ボランティアという表現にて解説しています。

治験モニターの危険性とは?

 治験とは、開発した薬品の効力や、安全性を確かめる為の試験です。

 近年では、薬品に限らず「お菓子」「栄養食品」「サプリメント」等も含めて扱われています。効力や人体への影響を確かめる為の「治験モニター」と聞けば、やはり第一には安全性を心配してしまうものです。

 安全にモニターをする際の要点を、本項では纏めていきます。

 ①まずは機関の評判をチェック

 モニターを募集する機関のチェックは大前提です。謝礼の金額に惹かれて怪しいサイトに登録するのは絶対に止めておきましょう。

サイトで検索をすれば、様々な評判が窺えます。または、大衆の医学雑誌に載るボランティア協会ならば、比較的に安全かと思います。

 次項で述べる「治験における健康の補償」が完備している点も、前提の要因に含めても良いでしょう。

 ②健康被害への対応

 治験に渡される開発品は、そもそも医療機関で事前の審査・承認を受けており、新開発の薬だからと言って特別危険という可能性は、極めて珍しいと言って良いでしょう。治験モニターが治験の影響で死亡……なんてことが起きれば、暫くは大問題としてニュースに取り上げられるハズです。

 それでも、多少の健康被害は報告されており、モニターに対する補償の有無は事前に確認すべき内容です。治験の最中に、なにかしら健康被害が発生した場合、医療スタッフによる適切な処置を保障してくれる機関であることも大切です。

 当然ながら、その際の医療費は機関が補償してくれます。

 補償してくれない機関でのボランティアは、止めておきましょう。

 ③相場を知る

 やはり、不自然な謝礼には飛び付かない方が良いでしょう。治験=高額収入の固定観念も危いです。現代の治験に、特別に高額というイメージは有りません。

まとめ

 ・治験モニターは高額アルバイトというイメージ

 ・実際には、高額という印象は持たない方が良い

 ・アルバイトではなくボランティアという表現が専ら

 ・治験に参加する場合は、契約書や保障をしっかり確認する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする