【代行】実は別人が更新? ブログ・SNS更新の代行

誰にとってもSNSは重要

 あらゆる有名人や政治家が、SNSで情報を発信する時代です。それは情報を送る以上に、存在をアピールする意義が強いと言います。昨今における芸能人のYoutuber進出について、これは収入よりも、存在の認知を重要視した結果と言われています。

SNSは存在を示すツール

 要は、世間に忘れられない為にも、常日頃から複数のメディアで自身を伝えているという意味です。他にも、ブログやホームページ、各種SNSも含まれます。勿論、好き好んで情報を発信する方も多いでしょうけど、全員がそういう訳では在りません。中には、更新を煩わしく思い、他の方に更新を任せている芸能人も多いようです。

更新代行には多くの需要がある

 著名人に限らず、昨今では一般人のYoutuberにも、人を雇って日常的なツイートを任せる者も居ます。Youtuberの大体は兼業であり、それを主としている人は少ないです。本業を熟す上で動画の配信を行い、私生活を含めると、SNS・ブログの更新をする暇が無いと言います。

 更新を怠れば、徐々に存在を忘れられる世の中です。

 時間が無いとくれば、他人に任せる者も現れるでしょう。クラウドソーシングサイトを見ると、ブログ・SNSの日常的な更新に、需要が多く集まっていると分かります。文字単価が意外にも高く、軽く見た限りでは、1文字2円と言った案件も見つかりました。

更新代行の相場とは?

 ブログの場合は、一記事辺り500~1000文字が相場です。SNSならば、一ツイート100文字前後が要されます。

 生活感を演出する為に雇うのですから、更新の内容は飽くまで「日常」です。

よって専門的な知識を必要とせず、誰でも可能な案件と言えます。ただ、他人が装うのですから、依頼人をよく知る必要は有るでしょう。また、本人の代わりに執筆することが第三者に公になれば大事です。受託者による暴露を避ける為にも、事前に契約を求められる場合も有ります。更新代行の良い所は、長期契約となる場合が多く、継続的に仕事が貰える点に尽きるでしょう。ライターとして収入の安定は一種の目標です。

ゴーストライターのSNS版ともいえる

 かつて私も、本人に成り切って記事を執筆していた経験があります。その際は、私が猫を飼っていたことから、依頼人に「猫の成長記録」と称してブログ更新を任されていました。

 受託者が動物を飼っている場合は、こうした依頼も多いです。特に猫の場合は映えもあってユーザーに人気です。その需要から、動物の写真を単体で販売する者も存在します。猫の生活は金になる――不躾な表現ですが、覚えておいて損は無いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする