【その他】ネットビジネス一覧その4

ネットショップの開業

実際に店舗を構えて商品を販売するショップを開業するのには、土地や不動産仲介料が必要とされて大きな費用が嵩んでしまいます。
しかしインターネット上でのショップ開業ならば土地代やリフォーム代などはかからず、ホームページさえあれば開業できます。


一般的にネット上のお店のことを「ネットショップ」と呼び、必要とする費用はホームページを運営するために必要なサーバー費やドメイン料、あとは売るものだけです。
開業にあたって、するべきことは「何を売るか」を決定して「商品の仕入れ先」を確保し、お客さんへの配送方法や決済方法などを確定します。
自分で製作した商品を販売できれば安上がりです。


最近ではオリジナルバッグやアクセサリーを自作して販売する専業主婦が増えてきているようです。このように、商品さえ確保できれば個人でもすぐにネットショップを開業することができるようになったのです。
しかし、商品によっては、国の許可が必要だったり販売が禁止されている物もありますので、注意することが必要です。

蔓延る〇〇コンサルタント

インターネット無料通話サービスのスカイプを利用したビジネスが加熱しています。
スカイプを使った英語塾やIT塾。
そして現在ではスカイプを利用したコンサルティングも増加傾向にあります。
コンサルティングとは、専門技術を要する「コンサルタント」が顧客に専門の知識や技術を指導をしたりするものです。


スカイプを通じてプレゼンテーションを行い、自分の持つ技を相手に教えることを対価に報酬を受け取ります。
このビジネスのいいところはリスクが低いことです。
用意する物はパソコンと、プレゼンテーションに必要な資料やファイルだけですので。


インターネットコンサルタントを募集しているサイト・掲示板もあれば、SNSなどで自己紹介して興味のあるユーザーに声をかけてみるのも面白いです。
自分の持つ知識や技術は価値がある。ということを意識をすれば新たなビジネスが拓けるかもしれません。

画力があるならイラストレーター

好況不況おかまいなしに安定して稼ぎ続けられる仕事がイラストレーターです。
専門職なので、もちろん相応の技術は必要ですが、綺麗な絵や可愛いイラストは需要が非常に高いので、上手な絵が描けるようになると仕事に困らなくなります。


特に、二次元の女の子のキャラクターは人気が高いです。
自分のホームページを開設してお客さんを募る方法もありますが、個人のイラスト職人はオークションなどでも大きく稼ぐことが可能です。


オークション内で「手描き イラスト」などのキーワードで検索をしてみると分かりますが、個人のイラストが何万円もの価格で出品されているのが分かります。
オークションでのイラスト販売を専門としている人は、3日で仕上げたイラストを3万円以上の価格で落札させています。イラストレーターは本業にも副業にもできる幅広い選択肢を持つ職業です。


時には1つのイラストに30万円以上の値打ちがつくこともありますので、イラストレーターになりたい方はまずオークションで手ごたえを掴んでからでも遅くはないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする