【代行】流行中の結婚式出席代行

これまた単純な代行であり、要は他人の結婚式に出席するだけというバイトです。報酬は、5000~20000円と幅広いです。基本料金を5000円として、そこにスピーチやら雑用と言ったオプションが付随して割高となるイメージです。平均して10000円と考えて良いでしょう。お金を貰いつつ、結婚式の雰囲気を堪能して高級料理まで頂けるという美味しいバイトです。近年から、急激に人気が加速していると言います。

【代行】需要が絶えない論文執筆の代行

その名の通り、他者の論文を代わりに書くという内容です。依頼者の大部分は、卒業を控えた大学四年生でした。大学では、卒論を発表しないと単位が貰えない場合も多く、卒業には避けて通れない課題となっています。これを煩わしく感じる学生は多いでしょう。中には、お金を払ってでも他人に任せたい者も居ます。この需要を狙った存在が論文執筆の代行者なのです。

【取材】ブラック企業からフリーになったイラストレーター

大手SNS会社のデザイン部に勤める知人は過酷な生活を送っていました。 SNS運営の大企業のキャラクターデザイナーというと高給なイメージがありますが、それは一部だけのようです。知人はその時1か月130時間以上働いて、給料はたったの5万円だったそうです。テレワーク

【取材】個人事業主の有効な集客術とは

ビジネスでお金を稼ぐには以下の3つがあります。①.新規顧客の開拓②.他商品交差販売③.リピーターの確保本文では③の、リピーター作りに集中特化した一人のマッサージ師[Yさん]のお話をします。このお話を聞けば、リピーターの大切さがわかると思いますので是非一読ください。

【個人事業主】フリーライターとは?

そもそもフリーライターとは独自の視点で社会問題などを取材し、その結果を新聞社や雑誌社に売り込むジャーナリスト的な意味合いが強いものでした。しかし、最近ではインターネット環境の発達により、必ずしもジャーナリストのような活動ではなく、多くの人が知りたい情報や興味のある情報を文章として纏めあげ、様々な媒体へと提供する仕事へとその存在が変化してきています。

不当に低いライターへの報酬とそれを悪用した事業主の増加について

近年では、ライターの安売りが横行しています。記憶に新しい話では、とある一部上場企業による、ライターへの報酬が不当に低い問題がありました。低予算で外注した結果として、経験の浅い素人が担当する状態となり、自然と記事の品質も悪くなってしまい、間違った情報が流出したという内容です。有名企業が大元にも拘わらず、あまりにも少ない報酬が議論を呼びました。

サクラとモニターの違いとは

人気な物は、より人気になる現象を、心理学ではバンドワゴン効果と呼びます。似たような商品が並んでいれば、ヒトは確かに購入の基準を評価で決めてしまうものです。よって、良い評判を獲得したいと思うのはビジネスマンの総意であり、中にはお金を払ってでも、評価を買う者が後を絶たないのです。